今のうちに知っておきたい、中学受験後の通塾の話

中学受験も本番が近付いてきましたね。
勉強は順調でしょうか。志望校や受験スケジュールは決まりましたか。
 
説明会や願書の提出で志望校に足を運ぶと、合格後のお子さんの学校生活にも想像が膨らむことでしょう。興味をひかれる授業が受けられるでしょうか。気の合う友達はできるでしょうか。 どんな部活をするのでしょうか。お休みしていた習い事も再開したくなるかもしれません。しばらくは勉強以外の活動にも打ち込んで、それから高校くらいになったら、そろそろ、大学受験の勉強を考え始めるのでしょうか。
 
・・と、ここで気になるのが、大学受験に向けた勉強スケジュールです。
難関中高に通うお子さんは、塾通いをどうしているのでしょうか。
志望校を決める前に、大学進学に向けた勉強のことも、一度は考えておきたいものです。
 
希望の中学に入学して安心したのもつかの間、4月になって学校に通い始めると、周りは既に大学受験に向けて塾通いを始めていてびっくり、なんて話をよく聞きます。
中学受験に合格した後の入学説明会で学校に行くと、校門の外でたくさんの塾や予備校の担当者がずらりと並んでパンフレットを配る光景を目にされるでしょう。多くの親御さんがそれを持ち帰って入学までの間に検討し、4月にはどこかの塾に入っているというわけです。
 
中でも首都圏や関西圏で人気が高い塾が、近年、東京大学に圧倒的な合格率を誇る鉄緑会です。この鉄緑会、日本最難関といえる東京大学理科III類では、合格者の4割近くを、鉄緑会代々木校舎ただ一校から輩出しているというのですから、驚くべき合格率です。
難関中学に合格し、次は日本最高峰の大学を目指すご家庭ならば、きっと検討の対象となる塾でしょう。
 
とはいっても、さすがに中1は気が早すぎないでしょうか。実はそこには、こんな理由があるのです。
 
鉄緑会の入塾テストは大変厳しいのですが、特に指定した中学校の生徒だけは、中1の4月に入塾する場合に限り入塾テストが免除になる、指定校制度というものがあります。
鉄緑会では中1の間に中学数学の全範囲を終わらせるペースで授業が進みますので、後になればなるほど入塾のハードルが上がります。だったら初めから入っておくのが安心というわけです。
 
鉄緑会HPによれば、現在の指定校は、開成、桜蔭、筑駒、麻布など、名だたる名門校が並んでいます。一方で、似たような偏差値の中学校でも、指定校になっている学校とそうでない学校があったりもします。中学受験で志望校を決める際は、お子さんに合った学校かどうかで選ぶのが最優先ではありますが、将来の大学受験を視野に入れて、鉄緑会指定校かどうかを判断材料の一つとするご家庭もあります。もし今まだ志望校を迷っているならば、鉄緑会の指定校かどうかも頭の片隅に入れておいて損はないかもしれません。
 

中学受験が終わったばかりなのに、もう大学受験?というのも正直な意見でしょうけれども、通塾といっても、中1のうちは各科目週1回程度ですから、小6でのハードな通塾を振り返れば、負担感はずいぶん違うことでしょう。むしろ中学受験が終わって突然塾通いをやめると気が緩んでしまうから、ちょうど良いペースメーカーだと考えるくらいのお家が多いのではないでしょうか。

 
とはいえ、医学部を別とすれば、東大に受かるだけなら、中1からそんなに頑張らなくても十分間に合うのも事実です。というのも、中学受験経験者は、中学数学のかなりの分野を実は既に学んでいるからです。
 
中学受験問題には、中1~中2で習う方程式も当たり前のように出てきますし、図形分野では、中2~中3で習う、三角形の合同や相似、円周角の範囲も出題されます。中学受験対策を通じて、中学数学の重要な分野はかなり身についていることでしょう。ですから中学合格後も家庭学習を休まずに続けられるなら、家庭でもかなりのペースで先取りをして学ぶことができます。幸いにも近頃は、Z会やスタディサプリなどの通信講義も充実していますから、家庭でも高度な授業を簡単に受けることができます。
 
ですから、自己管理できるご家庭であれば、学習面だけで考えるなら、家庭学習だけで十分といえます。しかし思春期も迎えて、勉強以外のことに夢中になったり、親子の関係も微妙になってくる時期ですから、勉強は塾に任せてしまおう、という考えも十分理解できます。通塾も家庭学習も、それぞれのメリットがあり、またどちらでも合格は可能です。周りの状況に振り回されることなく、各家庭でしっかりした指針を持っておくことが大切です。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする