塾の復習で親子バトル!?泥沼化する前に、安くて手軽なオンライン家庭教師で解決を。

hometutor2

塾で習ったこと、きちんと身についていますか?

進学塾の授業は「復習主義」といって、まず塾で新しいことを教わって、それを家庭で復習して、定着を図る方式になっています。そのためにどの塾もたくさんの宿題を出して、家で復習をするようにと指示します。
この家庭での復習が順調にこなせれば、塾での授業内容がきちんと身につき、成績が上がります。塾での成績が上がることは、志望校への合格に直結しますから、授業の内容はきちんと復習して確実に身につけたいものです。

とはいえ、学年が上がり塾の授業時間数が増えると、家での復習時間もなかなか取れなくなります。また、復習用に宿題を解こうとしても、習ったことを忘れてしまっていることもあります。

理想を言えば、塾で教えてもらっている間に全て授業内容を理解できれば良いのですが、授業が高度になるとそう簡単にはいきません。
塾の授業は進度が速いですから、決してサボっているつもりではなくても、疲れからちょっと気が緩んだ隙に聞き落してしまったりもします。
また、授業の終わりに早口で説明されてよく理解できなかったもの、授業では聞いていたつもりだけど忘れてしまったというものも出てきますから、「ちゃんと復習しておいてね!」と言われて家でテキストを開いてみても、解き方がわからず困っているお子さんも多いのではないでしょうか。

仕方なく家庭でサポートしようとしても、テキストには詳細な説明がついていないから、先生がどう説明したかわからない。そこで自分なりの解き方で教えようとしたら、「塾ではそんな説明じゃなかったよ」と言われて親子バトル、ということも。

やり方を間違えると泥沼化してしまうのが家庭での復習です。そこで、中学受験直前期になると、塾の復習のために家庭教師を頼んだり、個別指導塾に通うケースがよく見られます。

スポンサーリンク

中学受験対応の家庭教師は1時間7000円から

現在の家庭教師の月謝の相場では、大手進学塾の復習に対応できる先生をお願いすると、1時間7000円以上になることが多いようです。週1回、1時間の指導で、1か月に約3万円の計算ですから、既に塾の月謝を払っている状態で、これ以上の負担は痛い出費です。

個別指導塾はもう少し安いところもありますが、大手塾のカリキュラムに対応している塾の場合、やはり月3万円近いところが多いです。1万円台のところもありますが、低価格のものは完全マンツーマンでなく、授業中に待ち時間が発生したり、大手塾の高度な授業内容に対応しきれなかったりするところもあります。そして何よりのデメリットは、既に塾通いで十分に忙しいお子さんに、さらに通塾の時間を使わせることです。

できれば自宅で教えてもらえて、月謝も安い家庭教師があれば良いのだけれど。

とお考えなら、インターネット家庭教師が検討に値するかもしれません。

インターネット家庭教師って?

インターネット家庭教師は、ここ数年の間に急速に普及している、インターネット上でのオンライン指導システムです。カメラやマイク・スピーカとパソコンを使って、テレビ電話のような形で家庭教師をしてもらうものです。

インターネット家庭教師の一番の魅力はその安さです。
中学受験用のマンツーマンの指導が、週1回の指導でだいたい月1万円台から受けることができます。

もちろん安さは魅力ですが、安かろう悪かろうでは困ります。
しかしインターネット家庭教師の安さの理由は、講師の質とは違うところにあります。

これは先生側の理由になりますが、先生にとっても一か所で連続して何人もの指導ができるシステムは都合が良いのです。家庭教師という仕事は、時給自体は高額であっても、先生の側からすれば同じ家で1日に何時間も教えるわけにもいかず、また前後の移動時間も必要になるため、トータルの月謝でいえばそれほど高収入ではない場合もあります。
それに比べると、一か所に留まって指導ができるオンライン家庭教師は、先生にとっても魅力的なシステムですから、低コストで優秀な先生を確保することができるのです。

インターネットならではの良さは他にもあります。近くに有名大学のない場所では、優秀な先生を探すのが難しいケースもありますが、オンラインであれば全国各地から優秀な先生の授業を受けることができます。

最大のメリットは、お母様のストレスがないこと

こんな風に嬉しいポイントの多いインターネット家庭教師ですが、個人的に最大のメリットだと思うのは、お母様にとって、とにかく楽だということです。

家庭教師の先生に来ていただくというのは、お母様にとっても大変です。
想像してみてください。先生が来られる日には部屋を掃除しなければいけないし、お月謝用の新札や、簡単にとはいえお茶やお菓子も用意する必要があります。授業中は下の子がうるさく遊んでいるのを静かにさせなければいけないし、もちろん、自分だってすっぴんでごろごろしてテレビを見ているわけにはいかないんですよ・・・

受験追い込み期で、ただでさえストレスのたまりやすい時期に毎週先生をお招きする。正直なところ、そんな余裕はないご家庭が多いのではないでしょうか。

だから!家庭教師をお願いするなら、インターネットをおすすめします。お母様のストレスのたまり具合が断然違いますよ。

インターネット家庭教師の選び方

インターネット家庭教師の派遣会社は数多くありますが、選ぶ際には指導内容を重視して選びたいものです。
最低でも、完全マンツーマンであることと、今通っている塾の指導方法に沿った指導を受けられることは、絶対条件です。それに加えて、できれば優秀な先生が確保しやすい都心部の会社であること、先生だけでなく会社として成績のフォローの体制がしっかりしていることも重視したいところです。

こちらのインターネット家庭教師「Netty」では、これらの点を満たした、大手進学塾の復習コースが充実しています。



このNettyは、もともとインターネット家庭教師だけでなく、家庭教師や個別指導塾などを長年経営している「ノーバス」という会社が、新たにインターネット授業専門に展開を始めたオンライン家庭教師サービスです。そのため、登録講師数も非常に多く、東大・早慶・国立医大など難関大学生の先生が、グループ全体で約7万名も登録しています。

気になる指導内容ですが、まず大手進学塾の授業のフォローが充実しています。サピックス・日能研・四谷大塚・早稲田アカデミーなどの各塾併用コースがあり、お子さんの塾を伝えておけば、その塾に対応した指導を受けることができます。

またこのNettyでは、従来の家庭教師にはない、インターネットならではのメリットもあります。
家庭教師の先生というと、家庭内という閉じた空間での指導であるために、先生にきちんとした指導力があるのかが評価しづらく、不安がつきまとうものではないでしょうか。この点、Nettyでは、勉強を教えてくれる先生の他に、専任の学習プランナーがついています。そしてこの学習プランナーが必要に応じて、先生がお子さんに指導している様子を、直接モニターで見てチェックしてくれます。これは先生だけが自宅に来る、従来の家庭教師ではできない利点ですね。

またこの学習プランナーさんには、お子さんの今の成績や勉強方法について、いつでも相談することができます。家庭教師の先生に自宅に来てもらった場合、授業後に引き留めて相談するのは気が引けるものですが、Nettyでは気軽に相談できるので安心です。もちろん、先生には直接言いづらい、指導方法への要望も、学習プランナーさんにお伝えすることができます。

インターネット指導って特別な機材が必要なのでは、という心配も要りません。
こちらの塾ではWEBカメラやマイク、ペンタブレットなど、必要な機材は無料で貸し出ししてくれます。難しいソフトのインストールも必要なく、Webサイトからログインするだけで授業が受けられます。授業中の操作も直感的にできますから、デジタル機器に慣れた現代の子供にとっては違和感を感じることなく受講することができるでしょう。

授業時間も自由に選べて、一番遅い授業では夜9時からの受講も可能です。
月謝も、一番高額の小6向け中学受験コースでも、週1回指導で月15,000円と、普通の家庭教師の半額程度になっています。

今なら無料体験講義も受けられますから、一度授業を体験してから、入会を検討することが可能です。

ただでさえ忙しい受験生ですから、復習にストレスをためることなく、学習した内容を着実に身につけることが大切です。真面目に頑張っているお子さんの、その努力が正しく結果に結びつくために、お子さんの環境を整えてあげたいものですね。



Photo credit: US Department of Education via Visual Hunt / CC BY