受験まで、インフルエンザには絶対かからせない!予防に効果的なアイテムあれこれ

honey

家族ができる最後のサポートは体調管理

いよいよ受験本番になってきましたね。
この時期、気を使っても使いすぎることがないのがお子さんの健康管理です。
受験本番では、お子さんの実力が十分に発揮できるよう、万全の体調で臨みたいものです。
もし万が一、インフルエンザに感染したなんてことになったら、お子さんのこれまでの努力が全て無駄になってしまいます。

そのために周りができる最後のサポートが、体調管理です。
ここでは風邪予防、特にインフルエンザ予防に効果があるものを集めてみました。

基本は予防接種と、普段の手洗い・うがい

まずは、事前にインフルエンザの予防接種を受けておくことです。
100%感染を防げるわけではないとか、副作用があるという批判もありますが、
インフルエンザの予防の基本はなんといっても予防接種です。
その有効性は膨大な臨床試験データから実証されており、
2回接種では85%程度、インフルエンザの感染を防ぐとの効果が報告されています。

また、普段からの手洗い、うがいも欠かせません。
手洗いは手に、うがいは喉に、それぞれ付着した風邪ウィルスを洗い流す効果があることが実証されています。ただしインフルエンザウィルスに限っては、喉の粘膜に付着してたった20分で体内に侵入すると言われていますので、残念ながらうがいだけで完全にインフルエンザウィルスを遮断することはできません。それでも一定の効果は期待できますから、受験生のいる家庭では毎日の習慣にしたいものです。

インフルエンザ予防効果の実証されている食品

インフルエンザの予防に効果的として、最近注目されているのがマヌカハニーです。
これはニュージーランドに自生するマヌカという木の花から採れるはちみつのことで、ニュージーランドの原住民の間で古くから薬として用いられてきました。
マヌカハニーには通常のはちみつにはない特別な抗菌殺菌成分である食品メチルグリオキサールという成分が含まれていて、ピロリ菌や大腸菌の駆除にも効果があると日本でも一躍話題となりました。インフルエンザ予防効果に関しても、長崎大学の研究グループの実験により、ウィルスの増殖を抑える効果が報告されています。

このような効果のあるマヌカハニーですが、その有効性は製品によって異なります。世界で流通しているマヌカハニーのうち、有効成分である活性食品メチルグリオキサールが含まれているものは2割程度と言われています。そしてその有効性は、マヌカハニーの効能を初めて科学的に証明したイギリス人生物学者のモラン博士によって考案された基準により数値化されています。



こちらはそのモラン博士認定のマヌカハニー専門店です。
取り扱うマヌカハニーはランクごとに分類され、最高では、全マヌカハニーのうち上位1%にあたる、MGS20+/MGO800+ というランクのマヌカハニーまで取り扱われています。この数値の意味は、1kgあたり800mgの食品メチルグリオキサールが含まれ、病院で使用される2%フェノール消毒液の10倍の消毒作用があるという意味ですから、もう食品というカテゴリーを超越していますよね。日本ではマヌカハニーは薬としては認められていませんが、海外では実際に病院などで薬品として使われているそうです。

さてこのマヌカハニーの最も効果的な食べ方は、そのまま食べることです。
特にのどの痛みが強いときは、マヌカハニーをそのままスプーン一杯ほど食べると、抗炎症作用により、のどの痛みをやわらげる効果も期待できます。
はちみつを直接食べるのが苦手な方は、ヨーグルトやトーストにかけるなどして食べることもできます。いずれも簡単に取り入れることができるものばかりですから、一日一さじずつ続けてみると良いでしょう。

家の中の空気にこだわる

冬の空気は、乾燥や空気中のウィルスが気になりますね。できれば家の中だけでも、安心で健康に良い空気で満たしてあげたいものです。
そこで空気清浄機を導入しているお家も多いことでしょう。
しかし、適切な湿度管理は意外と難しく、加湿しすぎてしまって、部屋の結露やカビの原因になったり、また加湿器のタンクの掃除をしそびれていると、タンク内で雑菌が繁殖したりする心配があります。

こちらは、タンクの水に少量加えるだけで、タンクの水を清潔に保ち、また加湿する空気にも殺菌作用を持たせることができるアイテムです。


抗菌ミスト 1L(1000ml)大容量!加湿器用 除菌・消臭・防カビ なめても安全な抗菌ミスト(水100に対し抗菌1で使用)【強力除菌剤 消臭剤 ウィルス、花粉症対策】ディフューザーや加湿器に入れるだけ▼▲…5002014

空気中に浮遊するウィルスや細菌を不活性化させる他、消臭効果もあります。過ごしづらい季節ですが、家では快適な空気の中で生活させてあげたいですね。

家の外では、感染症予防のためにマスクをして過ごすお子さんが多いかもしれません。マスクの匂いを嫌がるお子さんは多いものですが、こちらはマスクにスプレーするアロマオイルです。ベルガモットやラベンダーなど、心の落ち着く香りで、また風邪予防に効果のある4種類のエッセンシャルオイルがブレンドされていますので、鼻詰まりや喉の痛みなどにも効果が期待できます。マスクにスプレーするだけでなく、寝る前に枕やシーツに一滴たらすと、良い香りに包まれてゆっくり眠ることができそうです。
こちらのお店のエッセンシャルオイルは純度100%の高品質のものなので安心です。


45,000本完売記念!妊婦さん、お子様もOK!ノド・鼻も穏やかにス〜ッ!ひきはじめブロックオイル10ml(オイル 精油 アロマ アロマオイル ひきはじめブロック 風邪予防 ユーカリ ティーツリー ティートゥリー ラベンダー 子供 ベルガモット ブレンドオイル マスク ウイルス)

周りにインフルエンザに感染した人が現れたら!

しかし、これだけ気を付けていても、直前になると必ず、学校や塾で、周りの子がインフルエンザにかかったという話が出ます。

家族など、身近な人が感染した場合、タミフル・リレンザ・イナビルなどの抗インフルエンザ薬を緊急的に予防投与する措置をとってくれるお医者さんもあります。感染者に接した時から36時間以内の投与が効果的とされ、効果は10日間続くとされています。予防投与は濫用を防ぐための基準が定められており、その基準や費用などは病院によって様々ですから、直前になって慌てないよう、かかりつけの医院にあらかじめ確認しておきましょう。

さて、そこまでの緊急性はなくても、電車などで隣の人がゴホゴホと咳をしていると、風邪がうつらないかと不安になりますよね。 そんな時にささっと口に入れられる、便利なタブレットがこちらです。

タマゴ基地【マケンザX】販売プロモーション

水なしで飲めるヨーグルト味のタブレットなので、気になった時にすぐに口に入れることができます。周りの受験生も体調を崩す人が多い時期、お守り代わりに持っておいても良いでしょう。

それでも受験本番にかかってしまったら…

このような対策をしていても、不幸にも、受験日に重なって風邪やインフルエンザにかかることもあります。
残念ながらインフルエンザにかかってしまった場合は、学校に対して正直に申告することを一番に考えましょう。学校によっては、別室での受験に対応してくれるところもあります。
もしそのことで受験を拒否されるのではと心配な場合は、願書を提出する時期などに前もって、インフルエンザに感染した場合は別室での対応をしてもらえるか、学校に問い合わせても問題ないでしょう。

感染を隠して受験するのは、周りに対するマナー違反なのはもちろんですが、本人も苦しい上に、ばれたらどうしようという不安で試験に集中できなくなります。
これから受験する学校は、合格すれば毎日お子さんの通う学校です。その学校は、お子さんがトラブルに見舞われたときに助けてくれる学校でしょうか。それとも、トラブルを隠して通わなければいけない学校なのでしょうか。自分たちが選んだ学校を信頼して、正直に相談してみるのが一番良い結果となるでしょう。

さてここまで、色々なケースを考えてきましたが、やはり何事もなく、万全の体調で乗り切れればそれに越したことはありません。ここに挙げたアイテムなどを賢く利用して、お子さんの実力が十分に発揮できるよう、周りの方が全力を尽くしてあげてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする